内視鏡について

痛くない胃カメラの検査「経鼻内視鏡」について

当院では患者様ができるだけ楽に検査ができるよう
痛くない「経鼻内視鏡」の検査も選択肢のひとつに取り入れています。

苦しそう、痛そう・・・と、胃カメラの検査をためらっておられた方も、
「経鼻内視鏡」の良さを知っていただき、検査方法をお選びいただければ
幸いです。

経鼻内視鏡検査って?

胃の検査は「胃カメラ」を胃の中に入れることが必要となります。従来は、口からカメラを入れていくのが一般的でしたが、最近では、鼻から入れる「経鼻内視鏡」を希望される方が多くなってきています。

苦しくない、痛くない経鼻内視鏡検査

何故、鼻から入れる「経鼻内視鏡」が楽なのでしょうか。鼻だって、カメラを入れていくのには変わりはないので、痛いように思えますが、カメラのサイズがとても小さく、痛みを感じないようにする薬を鼻腔に入れるなど、楽に検査ができるよう細心の注意が払われています。鼻の中に注射をするようなことはありません。

こんなにも太さが違います

嘔吐もおこりません

口からのカメラだと、舌の付け根を通るため吐き気が起こりやすくなりますが、鼻からだと、舌の根元に触れないので、ほとんど吐き気をもよおすことなく終了できます。からだにやさしい検査です。

検査後にすぐ食事もできます

約30分~60分で水も飲めますし、食事もできます。 原則として眠くなる麻酔を注射しないので、すぐに帰宅できます。 車の運転もできます。

検査中も会話ができます

食道、胃、十二指腸の順に観察していきますが、モニターを見て、自分の目でもその様子を確かめることができます。検査中でも口は自由になっていますから、医師に質問もできます。

ページトップへ