診療科

診療科目のご紹介

整形外科

外科

外傷(切り傷・擦り傷など)から皮膚・皮下腫瘍(皮膚・皮下の出来もの)の切除などは勿論のこと、小外科的な治療を必要とされる患者様への診察治療を行っております。また、経口摂取不可能な患者様に対しては、栄養補給ルートとしての胃瘻造設・チューブの交換にも積極的に取り組んでおります。

内科

糖尿病・高血圧・脂質異常症などの生活習慣病をはじめ、感染症や慢性疾患を含め、質の高い治療や生活指導に取り組んでいます。

消化器内科

食道・胃・小腸・大腸にいたるまで、胃カメラや大腸内視鏡、消化管造影による検査を行い、肝臓・膵臓・胆管・胆嚢に対しては、CT・エコー検査による病気の早期発見に努めています。 大腸内視鏡では、大腸癌のもとになるポリープの切除も行っています。また、胃カメラは苦痛の少ない経鼻内視鏡を使用しております。

経鼻内視鏡のおはなし

循環器内科

心エコー、頚動脈エコー、下肢動脈エコー、及び、ホルター心電図等を施行しています。これらを用いて、病態・重症度を正確に評価し、最適な治療・生活指導を行っています。

消化器外科

消化器疾病をはじめとし、外科的治療を必要とする患者様に対しては、確実な診断のもとに、安全かつ迅速な外科治療を提供しています。

肛門外科

痔核に対しては入院を行う従来の痔核切除術を中心に、外来で簡単に行える薬剤注入等の新しい治療法を導入実施しています。

麻酔科

腹部手術・整形手術の一部は麻酔科標榜医による術中管理を行っています。

呼吸器内科

咳や痰が出る、息が苦しい、胸が痛いなどの症状がある方は受診して下さい。
肺炎、肺癌、気管支喘息、間質性肺炎、胸膜炎、気胸、睡眠時無呼吸症、慢性呼吸不全など気管支・肺の疾患全般にわたる診療を行っています。

ページトップへ